真剣に、必死に、は当たり前

ホルムズ海峡でのタンカー襲撃事件。まさか、第2のトンキン湾
事件ってことはないだろうね。

北方領土交渉秘録 失われた五度の機会』(東郷和彦 新潮文庫
読了。

鈴木宗男事件から発展した外務省の不祥事に関連して、退官を
余儀なくされた元外交官の筆になるソ連・ロシアとの北方領土
返還交渉の近代史。

なのだけれど、やっぱり冒頭は自身が関与したと言われる外務省
不祥事の記述からになっている。

これを冒頭に持って来たのは「事件とも言えない宗男先生の事件
に関連して、佐藤優氏等、外務省のロシア・スクールを排除した
のが交渉が進展しない原因」とほのめかしたいからか?と感じた
のは私の深読みのし過ぎか。

著者自身がソ連・ロシアとの交渉に深く関わっていたので、秘録と
言うよりも「あの時、こんなことがあった」との回想録と言った方
がいいかも。

日本でも「もしかして、返してくれるんじゃないか」との期待が
高まったのは酔いどれ・エリツィン大統領の時だが、あの頃の
エリツィン大統領って健康不安や縁故政治への批判もあったので、
一国のトップとしての寿命は尽きかけていいたんじゃないのか?

外務省としてはその辺りの情報をどれくらい掴んでいたのか、本書
からは不明である。ソ連の8月クーデターの時には著者曰く「情報は
掴んでいた」とは言うものの、十分に活用出来てはいないんだよな。

だから、今現在、プーチン閣下のロシアに振り回されているのでは
ないだろうかと思うのだ。「まずは経済協力をしよう」と言われる
ままに金だけ持って行かれてないか?

だって、ロシア軍は択捉島国後島で最新鋭のミサイル発射演習ま
でしているのだから。これ、返す気なんてさらさらないって証しだ。
まぁ、日本に米軍基地がある限り、返したくないのだろうけどな。

本書では橋龍こと橋本龍太郎とサメの脳みそ・森喜朗は役に立った
が、小泉純一郎は引っ掻き回しただけとの印象を受ける。それを更に
交代させたのが当時の民主党政権って感じか。

前原誠司外務大臣だった時、ロシアのラブロフ外相に相手にされて
いなかったものなぁ。余談だが、ラブロ不外相の声は渋くて素敵なの
であ~る。

著者が築いたロシア側とのパイプ、外交の裏舞台などの描写もあって
文章も上手く読ませる構成になっており、日露外交史の一面としては
参考になる。

だが、「真剣に」「必死に」との表現がかなりの頻度で出てくるので
「外交はそういうもんだろう。特に北方領土返還交渉なんて真剣に
必死にやるのは当たり前だろう」と突っ込みたくなった。

尚、つい最近、酔っぱらった上で戦争によって北方領土を取り返すこと
について言及した頭のイカレタ国会議員がいたが、こういう輩が民間の
交流を台無しにするんだよな。

 

北方領土交渉秘録―失われた五度の機会 (新潮文庫)

北方領土交渉秘録―失われた五度の機会 (新潮文庫)

 

 

望むものは真っ当な説明だ

「老後2000万円不足します」問題。麻生太郎はじめ、政権
与党の対応には呆れるしかないよね。

「都合の悪いことは公表するな」ってことだものね。

あ、そう言えば「消えた年金」問題も、前に安倍が首相だった
時じゃなかったっけ?

『明香ちゃんの心臓 東京女子医大病院事件』(鈴木敦秋
 講談社文庫)読了。

生れつきの心臓疾患を抱えた少女は、心臓外科として世界的な
名声を獲得していた東京女子医大病院で手術を受けることに
なった。

午前中から始められる手術は簡単に終わる予定だった。午後2時
か2時半ごろには術後の少女と面会が出来る。担当医は断言した。

しかし、家族に告げられていた予定時間を過ぎても手術室の扉は
開かず、不安を抱えて病室で待つ家族の元に手術終了の連絡が
入ったのは午後5時半。予定より3時間オーバーだった。

術後、ICUに写された我が子と対面した家族は目を疑う。顔面は
晴れ上がり、目の下には鬱血痕、頬には鼻血が拭き取られた跡が
走っている。何よりも異様だったのは、5~6人の医師と手術を
サポートした看護婦たちが手術着のまま、少女のベッドを囲んで
いたことだった。

平柳明香ちゃん。今回の手術で自分の病気は良くなると信じ、出席
を希望していた小学校の卒業式を諦め、入院・手術に臨んだ12歳
の少女は術後、一度も目覚めることなく旅立った。用意していた
中学校の制服に腕を通すことも出来ずに。

手術室で一体、何が起きたのか。簡単な手術とは言え、不測の事態
は0%ではない。その時、医師・病院は患者本人及び患者家族に
対してどのように対応するするのか。

情報の隠蔽・改竄など、言語道断であると思う。しかし、それをして
しまったのは本書が取り上げている事件である。

手術によって患者が亡くなる。担当医にとっても衝撃だと思う。それ
以上に衝撃を受けるのは患者家族である。

「何故?」が頭の中を駆け巡り、「あの時、手術に同意したのは間違い
ではなかったのか?他の病院へ行った方がよかったのではないか?自分
たちの判断が死に結びついてしまったのではないか」。自分自身を責め
ることになる。

不測の事態が起これば医師・看護師は全力で対応する。しかし、原因を
家族に隠したり、データを改竄して術後の経過を誤魔化したりすれば
医療への信頼は根底から崩壊する。

それでもそれをしてしまうのは、責任逃れなのか保身なのか。

患者の死に対して真摯な姿勢を見せなかったことにも唖然とするが、
手術に至るまでの東京女子医大病院の患者家族への高圧的な対応に
も驚かされた。山崎豊子の名作『白い巨塔』は時代を経ても健在な
のかと感じた。

この事件で東京女子医大病院は特定機能病院の指定を取り消され、
その後に復活している。しかし、同病院は2014年、2016年にも
医療ミスで患者を死亡させている。

どこまでが医療ミスで、どこからが不測の事態なのか。その判断は
難しいのかもしれない。だが、患者側へ真っ当な説明をすることが
医療従事者の責務ではないのかと感じた。

 

明香ちゃんの心臓 東京女子医大病院事件 (講談社文庫)

明香ちゃんの心臓 東京女子医大病院事件 (講談社文庫)

 

 

劣化へまっしぐら

何を考えてるんだかなぁ、講談社

同社が発行するファッション雑誌「ViVi」のメッセージTシャツ
プレゼントが、実は自民党とのコラボだってよ。

7月に参院選が控えているので、自民党の選挙戦略の一環なのは
ミエミエ。それに乗っかった講談社の言い訳はと言うと…。

「政治的意図はなかった」

馬鹿ですか?いや、馬鹿だわ。特定政党のロゴの入ったTシャツ
だよ?しかも選挙戦前。政治的意図しかないじゃん。

それくらいの判断も出来ない人間が編集者をやっているか?
目指すは幻冬舎なのか、講談社さんよ。

編集者だった人間から言わせてもらう。編集者の質は、明らかに
劣化している。

文字通りの赤い衝撃

適応障害で2か月の休養が必要なので、国会には行けません」

国会には行けないけれど、Twitterでは呟ける丸山穂高である。
てか、適応障害って完治の見込みが立つのか?

そう言えばなが~~~いご静養をされていたお方は、5月1日で
完治したっぽいな。

なんかさぁ、本当に適応障害で苦しんでいる人たちに失礼な
気がするわ。

『レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図』(ジョン・デイビス
/アレクサンダー・J・ケント ナショナルジオグラフィック)読了。

赤い衝撃」と言っても、山口百恵ブルマー姿が拝めるテレビ・
ドラマではない。かと言って、「赤い彗星」シャアの衝撃の過去
でもない。

赤=「シャア専用」のように言われる昨今だが、私にとっての赤は
未だに「共産圏専用」なのである。

その共産圏の総本山・旧ソビエト連邦が密かに作成していた世界各国
の地図がソ連崩壊と共に世に出回った。これが「赤い衝撃」なのだ。

旧日本軍でも地図は軍事機密だったし、中国では今でも外国人によって
測量がなされていないかは監視対象なのである。

地図から読み取れる情報が多いだけに、機密扱いになるなるのだろう。
いつだったか、「軍事機密が漏えいするじゃないか」とグーグルアース
に対して非難声明を出した国もあった。

それだけ各国が過敏に反応する地図なのだが、ソ連は衛星画像などを
基に詳細な地図を作っていた。

街路地図は勿論のこと、軍事・政治的に重要な建造物なのか。橋であれば
荷重・素材・橋桁の高さ。河川であれば水深は当然、水の流れの方向、
船舶での航行が可能か不可か。市街地であれば高層建築群と低層建築群
が見事に色分けされている。

衛星写真だけは判明しない情報は、泣く子も黙るKGB部員が歩き回って
情報収集をしたのか?

本書にはソ連が作成した東京都内の地図も何枚か掲載されている。恐い
でしょう。KGBが日本国内を歩き回っていたと考えると怖いぞ。

尚、本書で「東京」と括られた中に「朝霞」が入っている。アメリカの
キャンプ・ドレイクがあったから詳細地図が必要だったのかもしれない
が、埼玉県民としては「朝霞市」は埼玉県であることを強く主張して
おきたい。

本文は掲載している地図の説明に終始しているので、読み物としての
面白みには欠けるのが難点。でも、アメリカ軍はアフガン侵攻に際し
て、ソ連作成の地図を参考にしたとの話は面白かった。

キリル文字が読めなくても、多色刷りの地図を眺めているだけで楽しい
と感じる人にはおすすめ。

私はこの地図をいくつか印刷して、本のカバーにしたり、包装紙に使い
たいくらいに好きだ。あ、機密漏洩でスーツを来た怖い人たちに連行
されるって心配はないだろうな。

 

レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図

レッド・アトラス 恐るべきソ連の世界地図

 

 

短気でやんちゃな天皇の料理番

分厚い防弾装甲で爆発物や化学兵器による攻撃にも耐えられる
特別仕様の、アメリカ大統領専用車両「ビースト」。

国賓としてイギリスを訪問したアメリカ・トランプ大統領の、
この専用車両が立ち往生をした。

原因はロンドンの首相官邸に住む内閣ネズミ捕獲長」の猫・
ラリー隊長である。

ビーストの下に潜り込んでしばらく出て来なかったとか。
トランプ大統領のお付きの人たちは焦っただろうな。

まさかニャンコで足止めを食うとはね。

『味 天皇の料理番が語る昭和』(秋山徳蔵 中公文庫)読了。

ドラマ化もされた「天皇の料理番」ご本人の筆になる自叙伝である。

子供の頃から料理人に憧れていたのはない。学校の友達がお寺の
子坊主になったを見て「自分も子坊主になりたいっ」と言って
山寺に入ったのはいいが、いたずらが過ぎて家に帰される。

今度は米相場に興味を持ち、家出をして大阪に。これも失敗。
1カ月ほどで父親に連れ戻される。

そうして、やっと実家の稼業に興味を持つ。仕出し屋である。
「手伝いなんてしおらしいことはしなかった」とはご本人の
弁。それでも魚をぶったぎったりのいたずらが楽しくて、
どんなに叱られても止めなかった。

この実家の稼業は軍隊と関りがあり、軍隊の料理担当の兵士が
聞かせてくれた西洋料理の話が著者を「天皇の料理番」へと導いて
くれることになる。

三度目の正直である。著者は西洋料理の料理人になることに憧れ、
16歳にして東京へ料理修行に出る。今と違って、言葉で教えるの
ではく出来なければゲンコツが飛んでくる修業時代。本来の短気
をぐっとこらえてやり過ごしたのだろうな。

ひと通りのことが出来るようになると「西洋料理をもっと勉強し
たい」との気持ちが強くなり、単身、シベリア鉄道経由でフランス
を目指す。それが明治42年である。

初代厨司長大正天皇即位の礼を控え、本格的なフランス料理を提供
できる料理人を探していた宮内省からお呼びがかかったのが著者26歳
の時である。

若くして宮内省大膳課の初代厨司長に就任し、大正・昭和の2代の
天皇に仕え、日常の食事から大切な儀式の料理を担当した。

昭和天皇の職に関するエピソードもいくつか記されている。今でも
皇族方は食べ物の好き嫌いを公になさらないが、昭和天皇は自分の
食事を管理する大膳にも決して食の好みを一切おっしゃらかった
そうだ。

ただ、ざる蕎麦がお好みらしくおかわりをなさることもあったとか。

ページ数は多くないが、随所に著者の料理に対するこだわりが垣間
見られる。それが時として、目上の人を乱暴な言葉で怒鳴りつける
ことになったりしている。

ただ、それさえも注意のみで済んでいるのだからおおらかな時代
だったのかもしれない。

尚、「序」としてあの吉川英治が著者の人となりに触れた名文を
寄せている。

 

 

インドシナで括れなかったか

2020年の東京オリンピック聖火リレー、我が地元でも
行われるらしい。

へぇ、すごいねぇ(棒読み)。

『コレクション戦争×文学2 ベトナム戦争』(開高健ほか 集英社
読了。

第1巻である朝鮮戦争を読んだのはいつだったかを調べたら、
なんと2015年だった。第2巻を手にするまで約4年。

書棚には第4巻まであるのだが、全20巻+別館1のこのシリーズ、
私は一体いつになったら読破出来るのか不安になって来た。

さて、本書である。私が拘りをもつヴェトナム戦争なので本当は
第1巻より先に読みたかった。

ヴェトナム戦争と言えばアメリカ軍の戦争犯罪を暴露したノンフィ
クションが多数世に出ているが、本シリーズは「日本語で書かれた」
との括りがあるので海外メディア掲載の文章は皆無。

それでも日本人作家の手になる小説・ルポルタージュで、多岐に渡る
テーマでヴェトナム戦争を再考させられる。

特に惹きつけられたのがアメリカの北爆停止表明が出た時に取材の
為にハノイに滞在していた松本清張のルポ「ハノイからの報告」、
取材中に行方不明になった前任者の足跡を追う現地特派員を主人公
とした日野啓三の小説「向こう側」、終戦後30年のヴェトナムの
老婆の話を主題にした吉岡忍の小説「綿の木の嘘」の三編。

松本清張作品は多く読んで来たが、このルポは初見。なんという
タイミングの良さでハノイにいたのだろうと感じた。

他にも村上龍一ノ瀬泰造開高健などの作品も収録。一ノ瀬泰造
作品についてはヴェトナム戦争から飛び火したカンボジアが舞台なの
で本書も「ベトナム戦争」ではなく「インドシナ」で括ればよかった
のではないかな。

本書解説でも触れられているが、朝鮮戦争同様、ヴェトナム戦争にも
日本は深く関わっている。一時休暇で戦場を離れたアメリカ兵が心と
体を休めたのは日本だし、日本の米軍基地からは爆撃機が飛び立って
いる。

そうして、日本国内では反戦運動が起こり、アメリカ兵の脱走に手を
貸した人たちもいた。そのと当事者である小田実の作品も収録。

普段、ノンフィクションばかり読んでいる身にとっては、小説で戦争
を読む体験は新鮮でもあった。

巻末にはヴェトナム戦争関連の年表もあるので、その時、何があった
のかを知るのにも便利。

ただ、難点を言えばアメリカとの前にフランスとの戦争があったのだ
が、その部分の作品が皆無なところか。やっぱり「インドシナ」で
括って欲しかったな。

 

コレクション 戦争×文学 2 ベトナム戦争

コレクション 戦争×文学 2 ベトナム戦争

 

 

見直しが必要

川崎市でスクールバスを待つ小学生たちが刃物を持った
男に襲われた事件。発生からずっと、情報バラエティは
同じような内容の報道を続けている。

事件当日の夕方、小学校側が行った記者会見で「保護者から
のお願い」として学校側が触れたのが、マスコミの児童への
取材。この点については当日の会見の中継で流れただけ。

ここ、報道する側として一番大切なことなのではないかな。

今回の事件だけではなく、子供が犠牲になった事件が発生
するとマスコミは被害者を知っている子供たちを捕まえて
「どんな子だった?」って聞くことが多いよね。

被害者情報ってそんなに必要か?「ほら、こんなにいい子が
被害者なんですよ。泣けるでしょ」ってやりたいだけなんじゃ
ないのか?

マスコミは今一度、事件・事故の報道を見直してはどうか。